知れば安心!海外株式

海外株式に挑戦してみよう

海外株式と聞くと、想像がつかず戸惑う人もいるのではないでしょうか。日本の株式の運用をしたことがある人であれば取り組みやすいかもしれませんが、なかなかイメージすることは難しいと思います。そんな時は、まず事前にデータを収集していくといいかもしれません。そのうえで、海外株式のいいところを見極めていきましょう。
海外株式では国内株式との違いが多くありますが、最も顕著な違いとして、国内株式と違い海外株式は世界の様々なステージの企業に対して投資ができることとなります。今伸び盛りの新興国にも日本にいながら投資することができます。日本に比べ、経済成長が著しい地域も多くありますので、チャンスが大きく広がることが、国内株式と比べた時の大きなメリットといえるでしょう。

分散投資が肝!外国投資

海外投資をする時に特徴となるのは、様々な通貨を使って運用することができる点にもあります。
全世界を対象とするため、様々な通貨を使用することができます。その時の状況により通貨の価値は上下しますので、例えば、日本円だけで投資していた時は、日本円にとって不利な状況になった場合は大きな打撃を受けてしまいます。資産を投資しているのですから、このようなリスクは分散させていきたいですよね。
それに比べ、海外投資で複数の通貨を用いていた場合は、一つの通貨が下落してしまった場合でも、痛手をその通貨の部分のみに抑えることができます。リスクを軽減させるという意味では、うまく海外投資を使うことで最悪の自体を招くことを避けることができるでしょう。