ゼロから学ぼう!海外株式

配当が高く旨味のある海外株式

国内の株式投資においては、配当が得られる銘柄でも3パーセント前後の配当率が最も高い投資パフォーマンスとなっていますが、海外で上場している株式にはこれよりも高い配当率の銘柄が多数売買されています。
海外株式を購入するメリットには、こうした高配当銘柄に有り付けるという旨味があることは、投資の効率を考える時に大変重要なポイントとなるでしょう。
アメリカの超優良企業では毎年増配を行っている会社や、配当率が5パーセントの高さを誇る銘柄もありますので、日本国内の株式では得られない高いパフォーマンスを発揮しています。元々、アメリカでは日本よりも株主を尊重する文化がありますので、株主還元の一環として配当を重視する傾向がありますよ。

為替変動や手数料について注意する

海外株式を購入するための方法にはいくつかあり、手数料に関しても買い方によって大きく変わってきます。
日本の証券会社では海外株式を扱っているところが増えており、アメリカだけでなく東南アジア諸国の株式も購入できる環境が整っています。国内の証券会社を経由して海外株式を購入する場合は、取り次いでくれる国内証券会社と海外の証券会社に二重に手数料を支払う必要があります。
一方で、英語が堪能でビジネスでも利用できるほどの方であれば、直接海外の証券会社に口座を開設すると、国内の証券会社を通す必要がありませんので、手数料が一つで済むのです。
また、海外の証券会社で口座を開設する方が売買できる銘柄数も多いですし、色々と投資戦略も練ることができますよ。